OctopressをTravis CIでデプロイするやつ

概要

Github pagesで運用しているOctopressをgit push origin sourceすると、Travis CI上でジェネレートからデプロイまでやってくれる。
この仕込みをしておくと、Prose.ioなどGithubのリポジトリをいじれるツールから記事を投稿できるようになる。すごい

手順

Octopress+Prose+Github+Travis CI = coders’ blog – Human, not octopusの通りにします。
なお、Step4で以下を追記します。

1
2
3
4
5
6
env:
  global:
    - GIT_COMMITTER_NAME=<名前>
    - GIT_COMMITTER_EMAIL=<Eメール>
    - GIT_AUTHOR_NAME=<名前>
    - GIT_AUTHOR_EMAIL=<Eメール>

この設定がないと、commitできずにpushでコケてまずいです。
参考:Middleman で作った web サイトを Travis + GitHub pages でお手軽に運用する – tricknotesのぼうけんのしょ
(Middlemanも気になる・・)

一応最初の記事の補足をしておくと、

  • Step1: OctopressをGithub pagesにデプロイ
  • Step2: Prose.ioの設定。Prose.io上で色々設定できるようになったりする
  • Step3: Travis CIからpushするためにGithubのアクセストークンを取得する
  • Step4: .travis.ymlの設定。3で取得したトークンでtravis encrypt GH_TOKEN=your_tokenを叩く
  • Step5: Rakefileを改造。記事とちょっと違っていたけど適宜あわせる
  • Step6: sourceブランチにpushしたらTravis CIがほげほげ

注意

ってほどでもないけどローカルでgit pull origin sourceをしておかないと、たまにローカルから記事書いた時とかコンフリクトしそうな気がする。

Prose-test

Prose投稿テスト

・テストです。Travis CIでgit push通った

Octopressインストール

何かコンテンツが欲しいのでとりあえず書きます。 公式ドキュメントを読めばというかコマンドをその通り叩いていればインストールされます多分。

  • セットアップ:Octopress Setup
    • rubyはRVMで構築しました
    • rakeコマンドでエラーでたりしたらbundle exec rakeとやるといいかもです
  • 設定:Configuring Octopress
  • 記事を書く:Blogging Basics
    • zshだとbundle install rake new_post\["title"\]みたいにエスケープが必要